飯碗

かやのあきこの飯碗

器

器

作風を見てくださいませ。

 

陶芸作家かやのあきこからのメッセージです。

 

作品の装飾部分は、化粧泥を使ってます。

そしてわざと刷毛目や溝を残し、古いもののような風合いを作っております。

質感・さわり心地にこだっわているのは、陶(土)に触れて欲しいからです。

素材(土)は、私たちの命の源。何億年も前から土は色々なカタチを変えて、

生活に欠かせないモノへ変化してきました。

何気なく身近にあり、けれどもなくてはならない・・・

そんな存在の土のぬくもりを、作品から感じ取ってもらいたく

カタチや質感にこだわって制作しています。